teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. クワガタについてならなんでも(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ようやく安定した夏が

 投稿者:スカメール  投稿日:2018年 7月18日(水)18時01分55秒
  皆さま

天候不順が続いていた北海道も数日前から週間天気予報がオセロゲームよろしくすべて晴マーク
に変わり、ようやく夏本番といった感じです。そして小さいながらも今季初ヒメ様にも出会うことができました。

Leeさん
韓国のクワガタも日本と共通する種類が多いですね。ヒラタは日本では関東から西の方に多く、
残念ながら北海道にはいません。

林原さん
高すぎて黒い大物に手が届かないもどかしさがよくわかります。樹洞に入っているので、蹴っ飛
ばしても落ちてこないんでしょうね。

ishiさん
ヒメオオブリード残念でしたね。まあ、1度でも成功すれば御の字ではないでしょうか?
私も今年、種親が採れたらトライしてみたいと思っています。

いよいよハイシーズン、お互いに頑張りましょう!
 
 

(無題)

 投稿者:lee  投稿日:2018年 7月18日(水)17時46分34秒
  ishiさん
miyamaを見ますね。
日本のmiyamaは韓国のものとは異なって素敵です。
私は高い山に行く見ることができますので、キャッチは困難です。
hirataは多く見られます。
山にもなんて不思議です。
日本でhirataは多い?
 

大きな黒いヤツ

 投稿者:ishiメール  投稿日:2018年 7月16日(月)23時59分41秒
編集済
  林原さん
北海道で大きな黒いヤツと言えば・・まさに高嶺の花ですね~
いつの日か一度でいいから白昼堂々と活動するオオクワを見てみたいものです(^^)

leeさん
多彩なクワガタを採集されていますね(^^)
ヒラタとアカアシが同じ所で採れるのは意外でした。
サビクワガタはまだ見たことが無いですが、飼育楽しんでください♪

スカさん
仙台宮城も暑過ぎ日が続きますが、おかげでヒメオオ狙いに躊躇してしまいます(^^;
ちなみにこの4月にヒメオオ産卵セットはすべて全滅でした(>_<)
やっぱり難しいです…

さてこの連休も合間を縫ってみちのくのミヤマ達に会いに行ってきました。
69mm♂がまた2頭採れましたが、なかなか大台にあとコンマ数ミリ届きません(^^;

上 タモ網を寄せている途中、思いがけずスミナガシが飛んできて慌ててパチリ!
中 身体の大きさに不釣り合いにアゴ頭部が小さい♂ … 69mmあってビックリ。
下 何の幼虫か不明ですがクヌギの葉の擬態が見事で感心しちゃいました。
 

(無題)

 投稿者:leeメール  投稿日:2018年 7月16日(月)10時17分33秒
  黒い人はどのような種類のでしょう
同僚にDorcus carinulatus koreanus
の成虫と幼虫を受けることにしました
韓国で飼育技術が発展してソヒョンジョンの繁殖が続い行われています
 

ハルニレの遥かかなたの樹上に大きく黒いヤツが...

 投稿者:林原メール  投稿日:2018年 7月16日(月)08時26分32秒
  手も足も出ない高さ...  

(無題)

 投稿者:lee  投稿日:2018年 7月13日(金)18時04分45秒
  KUWAGATAをキャッチ複数回行ってきました。
MI YAMA、AKAASI、NOKOGIRI、OOKUWA、
Dorcus tenuihirsutusを捕まえました。
雌続い卵を産むようにセッティングをしました。
 

晴れのち雨、雨、雨

 投稿者:スカメール  投稿日:2018年 7月13日(金)08時30分27秒
  ishiさん みなさん

良型のミヤマですね。こちらでもブリード以外では(?)なかなか出会えないサイズです。
昨日久しぶりの晴れ間をついて出撃しました。が、もう今朝から雨に逆戻りです(泣)
写真はなんと12本脚のミヤマ・・あれっ下に♀がいました(^^;
 

雨の週末

 投稿者:ishiメール  投稿日:2018年 7月13日(金)00時04分19秒
  林原さん、みなさんこんばんは。

たとえ雨が降ろうともそこにクワガタがいる限り出撃を止められません(^^;ゞ
とは言え樹液が流れ落ちてしまったせいかクワどころかカナブンも蝶も見当たらない中、
なんとかミヤマ達に会えました(^^)
数は少ないながら69mm、68mmと思いがけず良いサイズに会えてラッキーでした♪

上 ミヤマ♂69mmの採集ショット…正直遠目に70ある雰囲気でしたが雰囲気だけでした(^^;
中 金ピカの新成虫ミヤマ♂
下 ニイニイゼミが羽化していました
 

(無題)

 投稿者:林原メール  投稿日:2018年 7月 8日(日)00時53分43秒
編集済
  >韓国の昆虫を、日本で飼育することは違法ですか?
種類にもよりますが、飼育することは違法ではありません。
但し、国の許可を得ずに日本国内に持ち込む行為は違法です。
これは、日本の「植物防疫法」という法律で、農作物に被害を与える可能性のある昆虫の進入を防ぐ法律です。
外国から日本国内にクワガタ虫などを持ち込む場合には、農作物等に被害を与えない種類であることの証明書をあらかじめ取得してからでなければいけません。

また、近年、出来た法律で「外来生物法」という法律があり、国が「特定外来生物」に指定した生物の輸入、飼育、運搬、譲渡、野外への放出などを禁止するものです。
クワガタ虫の中で指定されているのは、今のところ、Neolucanus属のみです。

>日本はOOKUWAの採集が違法ですか?
ookuwaの採集は違法ではありません。
 

(無題)

 投稿者:leeメール  投稿日:2018年 7月 5日(木)22時21分2秒
編集済
  韓国の昆虫を、日本で飼育することは違法ですか?
ないと思います
日本はOOKUWAの採集が違法ですか?
 

(無題)

 投稿者:leeメール  投稿日:2018年 7月 4日(水)11時16分12秒
  韓国の智異山にツキノワグマが絶滅しました
だから解放ました
他の山はありません
韓国の山はほぼ安全です

韓国のクワガタはほとんどHIRATAクワガタです
MIYAMAクワガタは山に行かなければなり
そして低温種なので、簡単に死にます
日本のMIYAMAクワガタも低温種ですか?
かつては、高温でよく住んでいました
 

くわばらくわばら・・

 投稿者:スカメール  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時55分58秒
  林原さん
ご無事でなによりです。それにしてもクマさんによく出会われますね。やはり道南は生息密度が濃いんでしょうか?

Leeさん
韓国のクマは絶滅したのですか?檀君神話があるくらいなので生息していると思っていました。

ishiさん
宮城は夏真っ盛りという感じでうらやましいです。特にシロスジカミキリは北海道にはいないのでとても懐かしいです。捕まえたときのギイギイという音が少年時代(いったい何年前?)を思い出させます。

写真はようやく姿を見せた地元の樹液ミヤマです。長雨よ、早く明けてくれ~!
 

怖…ご無事でなによりです

 投稿者:ishiメール  投稿日:2018年 7月 3日(火)22時36分42秒
  林原さん
文章から十分その場の怖さが伝わってきます。
しかし発電機の騒音も灯火の眩しさもヒグマ避けにはならないんですね…
とにかくご無事でなによりでした。

さて、このところ暑さが続くみちのく宮城ですが、例年に比べクワ達の活動が
まだ鈍い印象でしたがようやくポツポツ姿を見せてくれました。

スジ、ミヤマ、ノコギリいずれもペアです。
やはり雨より青空の採集は気持ちいいですね♪
 

(無題)

 投稿者:leeメール  投稿日:2018年 7月 1日(日)22時28分59秒
  とても危険カット
幸いです
韓国ではクマがほとんど絶滅することができました。
復元して山に解放くれました
人を攻撃しました
解放することは、答えがないのに。。
日本は非常に危険ですね。
注意してください。
 

ヒグマに襲われました。

 投稿者:林原メール  投稿日:2018年 7月 1日(日)21時03分25秒
編集済
  と言っても物理的にアタックを受けていたら、今頃、葬儀かもしれません。良くて入院中です。

昨晩(6/30)、M-zoo氏のライトトラップに同行していて、1時間半を経過した頃、ライトトラップの向こうの暗闇(結構至近距離)
からヒグマの咆哮がして、急速に近づいてきました。
急いでそれぞれの車に逃げ込み、ライトを点灯してクラクションを鳴らし、ライトトラップを2台の車で挟み撤収。非常に怖い思い
をしました。

leeさん
以前、送ったnebutoの標本は沖縄県の離島産だったと思います。本土産のnebutoは、なかなか大きく育たないそうです。
産卵させるのはやや難しいそうですが、頑張ってみます。

>アドレスはそのままですか
家の住所ですか? 変わりありません。

スカさん
ブリードミヤマの71mmはすごいですね。2年ですか。自然界だとこのサイズはもっと掛っているのでしょうね。

ishiさん
1枚目の写真のミヤマはちょうどishiさんの今期初ミヤマと同じぐらいのサイズですね。熊に吠えられる前に飛来した個体です。
唯一のオスでした。
こちらでは樹液にまだミヤマは集まっていません。

2枚目の写真:スジクワガタ・オスとキマダラヒカゲ、クロヒカゲ
3枚目の写真:コクワガタ
 

(無題)

 投稿者:leeメール  投稿日:2018年 6月30日(土)20時42分43秒
  国籍を超越した愛ですね^^
動物もたまに見るとする不思議です
nebutoのサイズが非常に大きいです

非常に嬉しいです
韓国には2センチメートル以上のオブジェクトがありません
hayashiharaさんがくれた標本も非常に巨大です
飼育を再ますね
はじめまして
アドレスはそのままですか
 

nebuto & etc

 投稿者:林原メール  投稿日:2018年 6月29日(金)01時11分34秒
  lee さん
nebutoは、東京の友人から貰いました。
東京で採集した幼虫を飼育して羽化したものだそうです。
大きい方のオスのサイズは、28mmあり、立派です。

話題は変わりますが、ゾウムシのこんな場面に出くわしました。
白いのは、ヒメシロコブゾウムシ、黒いのは、ハナウドゾウムシです。
1枚目の写真のペアと2枚目の写真のペアは、全く別の個体です。
2枚目の写真のペアは完全に交尾が成立しているように見えます。

ヒメシロコブゾウムシとハナウドゾウムシは、いずれもクチブトゾウムシ
亜科に分類されますが、属はまったく異なります。
そのうち、種間雑種を目にすることになるかもしれません。(^^;

ハナウドゾウムシ
Catapionus viridimetallicus (Motschulsky, 1860)

ヒメシロコブゾウムシ
Dermatoxenus caesicollis (Gyllenhal, 1833)
 

ネブト&ミヤマ

 投稿者:ishiメール  投稿日:2018年 6月29日(金)00時10分29秒
  林原さん
ネブト可愛カッコイイいいですね~(^^)
何度か探索しても正直どこで採れるか見当がつきません(^^;

スカさん
相変わらずの飼育上手、ミヤマ70オーバーとはさすがです!!
顎に付いた抜け殻がまたリアルですね♪

さて、6月に入り梅雨入りで肌寒いくらいの仙台で、例年に比べてクワガタだけでなく
ハナ・ブン達の姿もあまり見えませんでしたが、先週末からの真夏のような暑さにやっと
出始めた感じです。

・小さいながら今年初ミヤマ♂♪
・こちらはシロスジカミキリ…新成虫らしく「黄スジ」が濃いです。
・おまけでヤナギの樹液でおなじみのコムラサキ
 

ネブト

 投稿者:スカメール  投稿日:2018年 6月28日(木)07時35分28秒
  私はまだ飼育経験がありませんがネブトは格好いいですね。
何より飼育スペースを取らない点が我が家のような狭い虫部屋には向いています。
マットの選定はむずかしそうですが。
札幌は低温が続き、自然界の初ミヤマはまだまだです。しかたがないので飼育ビン
を掘り起こしたら、71ミリとそこそこのサイズが出ました(2年物)
 

(無題)

 投稿者:leeメール  投稿日:2018年 6月27日(水)21時56分12秒
編集済
  nebutoは可愛いです
韓国では済州島だけで取れました
最近では、陸の最南端の一部の地域で発見された
南海、巨済島
採集ましたか?
北海道や本州でジャプヒナか?
 

飼育始めました。

 投稿者:林原メール  投稿日:2018年 6月25日(月)21時55分41秒
  頂き物の本土ネブトの産卵に挑戦してみようと思います。  

(無題)

 投稿者:lee  投稿日:2018年 6月19日(火)00時34分28秒
  今日採集を行ってきました。
多くの
Dorcus consentaneus8p
Dorcus castanicolor10p+
を捕まえました。

以前にとったもの
Figulus punctatus
Prismognathus dauricus
Dorcus rectus
持っています。

日本の
miyama、himeoo、sujikuwa、onikuwa
を再育てたいと思います。
よろしくお願いいたします。
 

良かった(^^)

 投稿者:ishiメール  投稿日:2018年 6月12日(火)00時06分52秒
  林原さん
楽しんでいただけたようで何よりです(^^)
コルリクワガタはサイズ・色・動きなど明らかに他のクワガタとは違う特徴があるのに
やっぱりクワガタだと思える特徴もあって面白いと思います♪
新芽採集は残雪と道路状況とブナの新芽のタイミング次第なので、狙いたいポイントが
あっても足を踏み入れられない場所も沢山あります(^^;

leeさん
ありがとうございます(^^)
韓国のルリは、丸みがあって独特のフォルムで、微妙な違いが面白いです。
私は採集と撮影が主ですが、昆虫の趣味は楽しいですね♪
幼虫から蛹への変態は、やはり昆虫の生態でも一番不思議で神秘を感じます。
 

(無題)

 投稿者:lee  投稿日:2018年 6月 7日(木)23時39分4秒
  最近面白い写真です。
prismognathus dauricus
 

(無題)

 投稿者:lee  投稿日:2018年 6月 7日(木)23時34分58秒
  かつての写真です。
韓国のruriは、日本のruriとは異なります。
 

(無題)

 投稿者:lee  投稿日:2018年 6月 7日(木)23時30分27秒
  ishi上素敵な写真も見ました。
ruriはやはりきれいですね。
韓国では通常5月中旬にとるか、冬に木の中の昆虫を持ちます。
私は以前に多く捕まえたのですが、最近数年間採集をしていません。
韓国でも昆虫標本を作ることは、以前に比べて人気がたくさん減りました。
私は最近、外国の種類を増やしています。
そして国内の種類も採集しています。
済州島でとれた幼虫が蛹になっていますね。
昆虫の趣味はやはり楽しいです。
 

眺めて楽しんでいます

 投稿者:林原メール  投稿日:2018年 6月 7日(木)07時03分1秒
  ishiさん 本当にありがとうございます。

オス・メスを一緒にして間もなく、交尾行動を起こしますが、オスが触角を激しく動かしてまるでヒラタクワガタを見ているようです。
系統樹ではかなり離れた存在ですが、同じクワガタなんだなと思う瞬間です。

また、この時期の北海道は、ブナの葉が既に大きく生い茂っており、北海道に生息していたならどの時期に発生するのだろうと思いをはせます。
標高を上げてもブナは姿を消し、カンバ帯になってしまいますし。
 

りょ

 投稿者:ishiメール  投稿日:2018年 6月 5日(火)00時19分44秒
  スカさん
観察の通り、後ろ羽根で羽ばたくのと同時に後ろ足で蹴り上げて、一気に飛び上がっています。

撮影は30コマ毎秒(シャッター速度1/1000秒)で撮ってますが、羽根を閉じた状態から飛び上がるまで16コマ=約0.5秒です。
普通の連写では撮影は無理でした(^^;

それではランディングは次の宿題ということで、りょ(^^)/
 

ランディング画像もキボンヌ

 投稿者:スカメール  投稿日:2018年 6月 4日(月)12時42分49秒
  ishiさん

素晴しい画像ですね。お見事です! テイクオフの瞬間、後肢でジャンプしているように見えますね。ランディングの方はどうなんでしょう、この逆の動作なのでしょうか?
次回は是非。それにしても「キボンヌ」というのはちと古かったかも・・(^^;
 

テイクオフ!

 投稿者:ishiメール  投稿日:2018年 6月 3日(日)10時29分34秒
  昨日の採集時にコルリクワガタが飛び立つ瞬間を「4Kフォト」で撮ってみました。

4Kフォトは30枚/秒の超高速連写での撮影が可能で、すばしこいコルリの動きにも
なんとか付いていけました(^^)

写真
・ユキグニコルリクワガタ♂のテイクオフ…連続写真に9コマをピックアップ
・ブナの新芽に潜る♂
・新芽を徘徊する♀
 

レンタル掲示板
/75