teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年10月 7日(日)19時30分33秒
  なるほど!たしかにうっかりしてました、販売するわけないですよね・・

と言うことは、14節後、どっかの販売日の何時に 当時だったら 電話?のみでしょうかね

トヨタカップとかと一緒でもう運のみで 買うしかない 一般の人は って感じでしょうか・・

はい、確かに天皇杯には疑問があります

じゅんけつ前に行っても無い事もあったので、明らかに元日が好き、とか、イベントが好き、というサポーターではない人たちが買い占めてるような気がします

2014に完売しなかったのは、え~?って心から思いました、
 
 

記憶は曖昧ですが…

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 9月30日(日)21時16分7秒
  当時、シーズンシートを購入していたので、優先サービスがあったと
記憶しています。一般の皆さんは恐らく相当大変だったと思いますね。
たしか2万人超の動員でしたから、争奪戦はかなり激しかった筈です。

シーズンシートホルダーは、ナビスコカップでも優先権があったから
成績の良かった頃は「購入しといて良かった!」と実感してましたね。

それに対して天皇杯ときたら、協会管轄で配慮もへったくれもないし、
実際に決勝進出が決まってからでは極端に狭き門になってしまいます。
従来は対戦カードがどうであれ、予め購入する一定の天皇杯ファンも
いましたけど、近年では特定チームのサポが買い占めるパターンとか、
いわゆるダフ屋、転売ヤーといった輩が多過ぎて、早々に完売しても
蓋を開けたら処分し切れずスタンドはガラガラなんて惨状もあります。
協会は捌き切ったら他人事ではなく、もっと改善して欲しいものです。

すみません。13節後に購入すれば…という質問でしたね。Jリーグは
クラブ主催運営なので、優勝が決定しないとチャンピオンシップ自体
発生しないため、販売そのものがスタートしていなかったと思います。
(カードと会場が決まらないと席種、座席数が特定できませんから)

そこが天皇杯やカップ戦の決勝戦とは決定的に違う部分でありまして、
つまりチケット販売は「ヨーイドン」で一斉スタートになりますので
チャンスは平等にあります。ただ窓口に行列とかネットに張り付く等
争奪戦は熾烈になります。でもそんな苦労をまたしたいものですね。笑
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 9月30日(日)18時10分58秒
  あと長文すいません、チャンピオンシップ第2戦行かれたんですよね?

その時って、チケットどんな感じでした?

例えば、その試合を絶対行きたい人が、セカンドステージの13節、勝った時点で次節勝てば優勝 ですが、もちろん14節(マリノス戦)を見た後に買いに行っても遅い というのは重々分ってます

13節後に買おうと思って、買えるもんだったんですか?当時、、
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 9月28日(金)20時11分33秒
  なるほどです!いやー本当にあってくれてよかったと思いますよ、ハイ  

超ざっくり言えば

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 9月20日(木)20時46分51秒
  サポと地元有志を中心に署名活動と寄付金募集が徐々に広がっていき、
最終的に鈴与が手を上げて引き受けてくれた事でまとまった流れかと。
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 9月19日(水)20時25分24秒
  誇りですね、すごいチームだと思いますホントに

その消滅しかけた時ってのは、どうやって存続が決まったんですか?
 

そりゃまぁ

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 9月16日(日)01時12分21秒
  97年には消滅しかけて、どうにかこうにか存続したクラブですから。
オジーの直談判で繋ぎ止めた選手も多く、98~99年の主力はほぼ
自前で育てた選手たちで、大物ストライカーなんて取れる余裕もなく、
新卒大学生の間で「エスパだけはやめとけ」って話が出てたらしいし。

そりゃそうだよねって感じですよ。親御さんだって心配でしょうしね。
高原がどうだったかは分かりませんが、普通に無理だったんでしょう。

まぁ逆にそんな状況で一時代を築けた事がむしろ誇りではありますが。
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 9月15日(土)13時07分28秒
  なるほどです!
たしかに、ストライカーがいない、ってそこだけの様な気がしますね・・
おっしゃる通りでMFよりCFWが必要だったかも知れませんね、、
小野は経営危機だから浦和にしたみたいなことを言ってましたが、高原はどうでしょう?今の話だと、うちに高原がいれば最強だったわけですよね?彼はああいう性格だから最初から磐田って決めてたのでしょうか?
 

妄想

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 9月15日(土)12時45分53秒
  98年の小野伸二の動向については、結構デリケートな案件ですので
実は今まで考えた事もないんですけど、もし仮に…という事でしたら

まず25年間の歴史を振り返って基本的にエスパルスというクラブは
お世辞にも若手の育成が上手だとは言えないという問題が一つあって、
中盤に全盛期のノボリ、テル、アレックがいる状況で果たして普通に
高卒ルーキーが出場できていたのかどうか?という疑問が拭えません。

ただし、当該の98年という「オジー・スティーブ時代」に関しては
例外的に大胆な若手起用を躊躇せず行っていた数少ない時期ですので
全くの杞憂で、テルをサイドに張らせてでも使ったかも知れませんね。

で、肝心の伸二が主力に入った場合…もうシステム自体が違ったかも。
当時は両ウイングバックに相当のスピードと運動量を求めていたから
そこをイジるのは考え難いし、ノボリをセカンドトップに上げるとか。

当時のエスパはクラブ史の中で最も華麗なパスワークが評価されてた
時期で、そこに伸二が加わったらどうなるかなんて想像を絶しますね。
それこそ磐田のNボックスを凌駕するレベルに到達していた可能性も。

例えばFKの場面なんて、ノボリとアレックと伸二がボールをセット
して並ぶかもって事ですよ?あり得ませんよね。ノボリもアレックも
歴代トップ10の記録を持つキッカーですから恐らく伸二も譲るかな?

勿論えげつないチームになったと思うし、98~99年リーグ二連覇
だって当然の如く考えられるけど、ただ磐田には相性悪かったから(笑)

それと単純にリーグ戦やカップ戦の成績に関して言えば、むしろ不足
していたのは中盤構成力ではなく単純に得点力や決定力の部分でした。
他の強豪にいる圧倒的なストライカーがエスパにはいなかったのです。
98年1stも勝ち点では並んでるのに得失点差16(!)得点だけなら全体の
8位でした。つまり真田、森岡、俊秀、サントス、テルを中心とする
安定した守備に支えられた崩れる事の少ない盤石な数年間だった訳で、
もしかして伸二が入って変わるより誰か強力FWが必要だったのかも。

ダービーに関しては、内容で劣っていると思った事は少なかったけど
恐らくスピリットで負けてたのかなと。ドゥンガがいて藤田と名波が
作って中山ゴンが決める。本当ムカつくくらい勝負強かったですよね。
小野伸二vs高原直泰なんて夢の対決はきっと盛り上がったでしょうね。

まぁ所詮タラレバなので実際どうだったのか謎ですが、伸二にとって
後々の欧州挑戦とか諸々を考えても結果的に浦和入団は極めて正解で、
彼のサッカー人生において幸せな決断だったんだろうとは思いますね。
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 9月12日(水)19時55分51秒
  98年、ナビスコ準決勝で磐田に負けたり1stステージも2位でしたが、もしですよ?仮に小野伸二がいたら、どうなっていたと予想します?私はリアタイではないので分りませんが、何か違ったのでしょうか?  

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 9月12日(水)19時54分33秒
  なるほどです参考になりました!あと遅れてしまいすみません!  

いや恐らくもっと単純に

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 9月 1日(土)21時52分14秒
  それ以前はDVDを発売する体制じゃなかったのではないかと(営業的に)
前回も触れてますが、2002年にDVDを出したのが初めてなのですから。
ただその頃からJ1の他チームも続々とイヤーDVDを出し始めましたし
健太時代は好成績も手伝ってそこそこ捌けてたから常態化(習慣化)
してしまい、その後も惰性で出してたっていうのが実態なのかな?と
私は勝手に思ってました。まぁこの15年で経営も随分変わりましたが。

仰る通りゴトビ時代から降格の頃までは私も、出す意味ないじゃん!
内容も結果もない糞ゲーム残して振り返ってどうすんだって思ったし、
それでも御布施として買っちゃったけど、棚の肥やし状態ですからね。

まぁエスパのグッズのセンスは昔から需要と微妙に外して来ますから。
いやそれ絶対に売れないでしょってサポが思わず心配になる珍品とか
大前フィギュアなんか何年かけて在庫整理したの?って黒歴史ですし。
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 9月 1日(土)18時05分5秒
  なるほど、健太2年目が4位だし得点もかなりあったからビデオ化した、というわけですか、

ただ降格した年まで出したのは何故でしょう?正直、あの年は私出無いと思いました
 

過渡期とか採算性とか色々

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 8月30日(木)02時10分31秒
  多分Jリーグ創設当初(所謂Jバブル期)を除いて、エスパルスでは
イヤービデオ(VHS)は好成績の時に臨時発売した程度だったかと。
(例えば96年のナビスコ優勝、99年の2ndステージ優勝など)

DVDが初めて発売されたのが2002年の10周年記念版でしたが、
当時強豪だった鹿島、磐田、横浜はイヤーDVDを発売してたものの
成績不振では売れ行きは期待できませんし、エスパでは無理でしょう。
結局、現在のイヤーDVDが定期的に出るのは健太体制2年目となる
2006年から始まり現在に至るという形だと思います。曖昧ですが。
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 8月29日(水)23時48分58秒
  的確なアドバイス、感謝します、

そうですね、それとなんですが、dvdって、2002年まではまとまったのが出てますよね?2006年以降は毎年出てますが、

Ⅱ003-2004に関しては全く出てませんよね?その年のナビスコ天皇なんてベスト4まで行ってるのに、もうなんの映像も残ってないってのは寂しくないでしょうか?・・
 

覚え書き 2018-3

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 8月27日(月)08時42分52秒
  2018.05.16. ルヴァンカップ予選リーグ第6戦 vs 北海道コンサドーレ札幌 3-0勝利
サブ組や若手のモチベやコンディション維持にも貢献し、総じて良い大会だったが取りこぼしが響いた。
敗退した以上は良い意味で割り切り、リーグ戦に絞って中断期間はチームの再構築に取り組んで欲しい。

2018.05.20. Jリーグ第15節 vs 川崎フロンターレ 0-3敗戦
ゲームの流れの中で多少の揺り返しはあったものの、90分間ほぼ何も出来ないまま終わってしまった。
まだまだ我々はトップには遠く及ばない。それでも為すべき事はある。だからこそ示すべきものがある。

2018.06.06. 第98回天皇杯全日本サッカー選手権2回戦 vs FC今治 1-0勝利
言わずもがなだが、ワールドカップ・ブレイクを如何に有効に過ごせるか、今季の命運はここで決まる。

2018.07.11. 第98回天皇杯全日本サッカー選手権3回戦 vs ヴァンフォーレ甲府 0-1敗戦
なんだこれ・・・ 大丈夫か?

2018.07.18. Jリーグ第16節 vs セレッソ大阪 3-0勝利
1週間前のていたらくを見て不安を覚えない者はない。しかし全てを払拭するクリーンシートでの快勝、
たぶん相手がアレだったせいもあるのだろうが、真夏の夜を彩る花火の如く爽快なホームの再開だった。

2018.07.22. Jリーグ第17節 vs ガンバ大阪 2-1勝利
徹底した前線からのプレスと堅固なブロック、しつこいスライドで相手の思うようにサッカーをさせず、
徐々に型にはめてペースを握る。流れの悪い時も的確に対応し自分たちの形で手堅く連勝した。上出来。

2018.08.01. Jリーグ第19節 vs サガン鳥栖 1-0勝利
今年のスタイルで最も懸念された夏、しかも例年以上の暑さの中、しぶとく勝利を拾っているのは幸運。

2018.08.05. Jリーグ第20節 vs 鹿島アントラーズ 0-1敗戦
毎度の事ながら良い戦いをしていただけに、決めるべき時に決められないツケを支払わされるのは必然。

2018.08.11. Jリーグ第21節 vs 川崎フロンターレ 1-2敗戦
前回ほどボロカスにされた訳でもないが、やはり力の差は歴然でスクランブルで打開策が見出せず終了。
それでも着実にチームが進化している事も実感できる直近数試合だけに、切り替えて前を向くしかない。

2018.08.15. Jリーグ第22節 vs セレッソ大阪 1-3敗戦
苦手意識でもあったのか不安げにプレイしていた相手が、得点を先行する中で自信回復させてしまった。
逆にゲームの大半を掌握しながら決め手を欠いて流れを失う悪循環。サッカーの怖さを思い知らされた。

2018.08.19. Jリーグ第23節 vs 浦和レッズ 3-3引分け
守備の固いチーム相手に常にリード出来ていた部分と、勢いに任せてバランスを取り切れなかった部分、
結果としては必ずしも満足できるものではないが、内容面での収穫と課題も含めポジティブに捉えたい。

2018.08.25. Jリーグ第24節 vs 北海道コンサドーレ札幌 1-2敗戦
今季3戦3勝と抜群の相性だった対戦相手に、よりによってこのタイミング、この日本平で勝てないか。
 

お力になれませんが

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 8月11日(土)22時25分31秒
  >S子さん

残念ながら手元の資料ではお尋ねの件を確認できるものはありません。

98年当時のデータはネット上でも少ないので探すのは困難ですよね。
特にテレビ中継に特化したものとなると限定的で更に難しいでしょう。

印刷物となると当時出版されていた「JリーグTV観戦ガイド」とか、
ただしこれは開幕前に発行なので2ndシーズンの予定は未掲載かも。

後は、サッカーマガジン・ダイジェストのバックナンバーの閲覧とか
どうしても…というのであれば、最後の手段としてお近くの図書館で
新聞のラテ欄アーカイブ(マイクロフィルム等)の閲覧という方法も。

思いつく範囲ではそんな所でしょうか。お望みが叶うのを期待します。
 

(無題)

 投稿者:S子  投稿日:2018年 8月10日(金)16時43分8秒
  こんばんは、随分きずかずに今気付きました・・

そうですね、jリーグデータサイトとかっていうのがあって、そこに全ての試合の放送予定を書いてある記事がありました

ただそれ、99年からなんですよね、

98年が分らないので、もしあれでしたら・・ということだったのですが、いかがでございましせう?
 

覚え書き 2018-2

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 5月16日(水)22時43分37秒
  2018.04.11. Jリーグ第7節 vs V・ファーレン長崎 0-1敗戦
相手の準備して来た術中に見事にハマる、いかにもエスパらしいやられ方。もう少し強かさが欲しい所。

2018.04.15. Jリーグ第8節 vs 浦和レッズ 1-2敗戦
時間帯によっては互角以上に戦える手応えもあったが、攻守ともに大事な局面で質の違いを出せなかった。
タイトな日程の中で今後は更なる難敵と対峙するが、決してネガティブにならず一戦必勝で臨んで欲しい。

2018.04.18. ルヴァンカップ予選リーグ第4戦 vs ヴァンフォーレ甲府 1-1引分け
勝てる相手からは確実に勝利を上げるという癖を付けておかないと、またシーズン終盤に苦しむ事になる。

2018.04.21. Jリーグ第9節 vs FC東京 0-1敗戦
決してシステムが破綻している訳でなく、ある程度の形が作れているだけに、結果が出ないのが口惜しい。
とは言え間断なく続く過密日程の中で連敗という流れを何としても変えなければならない。踏ん張り時だ。

2018.04.25. Jリーグ第10節 vs 名古屋グランパス 3-1勝利
なかなか結果が出ない中でも何とかブレずに戦えているからこそ、どうしても欲しかった勝利という結果。
これで後ろ向きにならず迷う事もなく前に進む事が出来る。厳しい日程をこなす中では本当に大きな勝利。

2018.04.28. Jリーグ第11節 vs 柏レイソル 2-1勝利
心ならずもホームという重い呪縛に囚われた日々に決別、それは築き上げたスタイルを愚直に貫いた結果。
もちろん今後も次から次へ課題は噴出するだろうが、今のエスパに出来る戦い方をブレずに続けて行こう。

2018.05.02. Jリーグ第12節 vs サンフレッチェ広島 0-2敗戦
決して内容も悪くないし激しく戦った好ゲームだが、好調な相手のしぶとい守備を最後まで崩し切れず、
結果としては厳しいスコアの違いが出てしまった。だが落胆している暇も必要もない。次節に備えよう。

2018.05.06. Jリーグ第13節 vs サガン鳥栖 1-3敗戦
今季最多の3失点、悉く何もかも上手く転ばなかった。こうした事態も止むを得ないが心配も尽きない。
この際、ルヴァンは完全ターンオーバーに徹し、週末までにコンディションを整えて立て直して欲しい。

2018.05.09. ルヴァンカップ予選リーグ第5戦 vs ジュビロ磐田 1-2敗戦
特に何がどうとかいう事じゃなく、相手の方が熱量が高く、決めるべき場面で決めた。次は勝てとしか。

2018.05.12. Jリーグ第14節 vs 湘南ベルマーレ 4-2勝利
点差ほどには必ずしも会心のゲームだった訳ではない。それでも中断前ラストのホームゲームで勝利し、
直近の悪い流れを断ち切ったのは本当に良かったし、ここからしっかり切り替えて次に備えて行きたい。
 

今季のエスパは…

 投稿者:ムッシュ  投稿日:2018年 4月27日(金)15時56分59秒
  そう言えば(今更だけど)先日の名古屋戦で地味に感動した事があるので…。

1つは失点直後の場面、ゴール前で全員を集めて「声かけ確認」をしていた。
これは何でもない事のようだけど実は過去にあの姿をあまり見た記憶がない。
正直エスパには根付いて来なかった文化で、でもチームとして凄く大切な事。

あと1つ、たぶん誰よりも強く結果を渇望していた筈のテセが、金子の得点
シーンも含め終始チームプレイに徹した。これも口で言うほど簡単ではない。

多くのファンにとって、現在の状況や順位はまだ微妙なのかも知れないけど
私の中で今季のエスパは色んな意味で格段に楽しい。恐らく8年ぶりの感情。
 

レンタル掲示板
/30