teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:20/1238 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

めも

 投稿者:ほんだしんすけ  投稿日:2014年 7月14日(月)11時01分28秒
  通報
  いつまでおちょくられてんの、日本人。
(ま、なにじんでもいいんだけどさ)

緊張捏造して「せんちょう」なんてもうバレバレなんじゃけど

---------------------引用--------------------------------

【栄養学は欧米食を正当化するための観念であり、
日本人の健康を守るものでは無い】
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=272715

-----日本における栄養学の発祥は、明治時代にドイツから学んだ時です。
「高たんぱく、高脂質、低糖質」を唱える寒冷地の学説に、
「低たんぱく、低脂質、高糖質」という食生活をしてきた日本人が学び、
それが現代の『栄養学』の機軸になっています。

つまり、初めから全く真逆の方向に進んでしまっているのです。

それに拍車をかけたのが、戦後アメリカによる穀物戦略です。

小麦と牛乳が在庫として過剰に余剰していたアメリカは、
それを売りつけるため、日本に急速に食の欧米化を進めます。

----------------------ここまで-------------------------------
 
 
》記事一覧表示

新着順:20/1238 《前のページ | 次のページ》
/1238